1馬力ってどれくらい? 

投稿者: | 2017年6月28日

「ランボルギーニ ウラカン・ペルフォルマンテ最高出力640馬力! 凄い! 凄い…… あれ? どう凄いんだ? そもそも馬力て何が基準なんだ? 馬640頭分のパワーなのか?」


https://www.lamborghini.com

分かったつもりでいても、説明しろと言われると出来ないことってある。そこで馬力についてWikipediaで調べてみたところ、「1馬力は輓馬(荷を引く馬)が継続的に荷を引っ張る際の仕事率を基準にしており…… 」とある。分からない。どの位のパワーなのだ? 更に、仕事率、工率の単位で英馬力は1秒間につき550重量ポンド (lbf) の重量を1フィート (ft) 動かすときの仕事率、仏馬力は1秒間につき75重量キログラム (kgf) の重量を1メートル動かすときの仕事率、日本の計量法では、735.5ワットとある。

全く分からない。こんなにも分からない単位を知ったか振りで使っていたとは、なんとも情けない。東京ドーム何個分くらい想像が困難な単位ではないか。

ランボルギーニ ウラカン・ペルフォルマンテの640馬力を基準に他のものを比較してみよう。

人間     ・・・ 瞬間的に出せるのは1馬力。断続的には0.1〜0.2馬力。
競走馬    ・・・ 瞬間的に出せるのは15〜20馬力。断続的には2〜3馬力。
軽自動車   ・・・ 40〜64馬力
F1      ・・・ 700馬力
新幹線700系 ・・・ 2万3200馬力

なんか640馬力の凄さが分かってきたぞ! 公道を走れるスポーツカーがF1並のパワーを持っているという事だ。
しかし「馬が2馬力で人間が1馬力なら、『人力』で良いのではないか?」と思ってしまうが、「ランボルギーニ ウラカン・ペルフォルマンテ最高出力640人力!」じゃダメだよなやっぱり。

という事で、馬力のお話でした。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です